美容情報のウェブログ

rainbow

今度は《弾力》の対策法を見ていきましょう。

肌の弾力を取り戻すために「コラーゲン」を取り入れている方もいらっしゃるでしょう。しかし、効果が表れないという方も少なくありません。
「コラーゲン」の入った美容ドリンクやサプリ、〉食事と言うのは、体の中から改善していくと言う事で期待ができそうなのですがなかなか肌のコラーゲンに辿りつかないというのが現実です。それはコラーゲンはたんぱく質です。胃の中に入ったコラーゲンは消化されるとアミノ酸になります。そして吸収され、栄養として消化吸収されるときは必要に応じてホルモンの判断に応じて体の筋肉や骨、脂肪などの組織がつくられています。
肌のコラーゲンを維持するのは女性ホルモンです。悲しいかな30代から減り始めています。生産する女性ホルモンがないと肌のコラーゲンが増えることは難しくなるのです。
さぁ外からも補ってあげましょう。
つまりコラーゲンを直接肌に塗ると言う事でコラーゲン入りのスキンケアができます。
そのコラーゲンの分子が大きいと肌の奥まで届きません。
<コラーゲンを増やす成分>というのは
・ビタミンC誘導体
・ナイアシン(ビタミンB3)
・レチノール(ビタミンA)などです。
このような成分の入っている化粧品を使いましょう。

Leave a Reply